女性のシャフト選び

blog002

ゴルフクラブ作りで最も重要な要素が「シャフト」です。前回に引き続きシャフトのお話しなのですが、今回は女性のシャフト選びについてです。でも、冷静に考えてみてください。男性はRやSなど硬さの設定がありますが、女性用はLシャフト1種類です。そもそも女性用クラブの選択肢が少ないのが現状にあるのは明白です。

これは、「女性のゴルフ人口が少ない」事が背景にあるのはお分かりいただけることだと思います。当然、メーカーの立場からするとニーズの少ない女性用シャフトを細分化して発売することはなく、結果女性のシャフトの選択肢が少なくなってしまいます。

とはいえ、現在シャフトの状況も変化し女性向けの選択肢も広がってきたと言えます。
その一つがフジクラ社の新シャフト「ゼロスピーダー」です。

このシャフトの特徴はその重量。20グラム台から販売されています。もともとは男性用なんですがとにかく重量が軽いので女性が使うにも全く問題がないのです。余談ですが、ジュニア用クラブにも最適なんじゃないかな、と思っています。

市販品以外のシャフトを使う場合、「女性用」と表記のあるものは少ないですが、実際使えるものも多くあります。大切なポイントはシャフト重量です。女性用シャフトは40グラム台がメインですので、たとえ女性用と書いていなくても40グラム台のシャフトであれば女性用と考えて使うことができます。

さらに最近では女性専用ゴルフ工房も登場しています。通常ゴルフ工房と聞くと、どうしても敷居の高さを感じてしまい、特に女性はなかなか入れないものです。こうした工房を利用して相談するのも方法でしょう。

レフティもそうですが、女性もゴルフにおける少数派で、どうしても選択肢が制限されていますが、決して諦めず根気よく自分に合う道具を探してみることが肝要ですね。

(文:佐田敦則)

TOPへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク