野球経験者のゴルフレッスン~岡崎さんの場合~

今回のブログのテーマはゴルフレッスン。男性で「野球経験者」という方は結構多くいらっしゃいますよね。しかし、スポーツ経験があり運動スキルもあるのに、ゴルフは上手くいかないという方が多いのもまた事実です。そこで今回は、以前レッスンさせて頂いた、岡崎さんのレッスン模様から、野球経験者にありがちなエラーについてお伝えしようと思います。

今回の生徒、岡崎さん

岡崎さんはフィットネスインストラクター。ゴルフ歴が1年弱です。高校では硬式野球で、甲子園を目指して白球を追いかける、いわゆる高校球児でした。その後キックボクシングの経験もあり、スポーツクラブでインストラクターをしていたそうです。
ゴルフを始めたのは最近の事で、叔父がプロゴルファー。ということで、その叔父にゴルフを習った事が何度かあるそうです。今一番の悩みは「スライス」と「ダフリ」。100切りが目標みたいですが、なかなか切れないということで、今回レッスンを受けに来てくれました。

それでは、早速彼のスイングを見てみましょう。

パッと見た感じではとてもいいスイングですね。それは、岡崎さんの身体の使い方「体捌き」がいいから。さすがインストラクターという事もあり、フィジカルと体の使い方は抜群です。では、何が問題のでしょうか?

岡崎さんの問題点

さて、では岡崎さんのスイングの問題点ですが、それはクラブの使い方です。インパクトの直前の写真を見てみましょう。

このシーンでのクラブフェースの向きを見てみましょう。フェースがこの段階でまだ開いているのが分かります。つまり、岡崎さんはこの位置からインパクトまでの数十センチの区間でフェースを閉じてボールを真直ぐとらえようとしているのです。

しかし、冷静に考えてそれは難しいですよね。このことをまずは岡崎さんに伝え、岡崎さんと相談です。

相談の結果「できる限りフェースの動きを抑えてスイングする」ことにしました。では次に、フェースがどこで開くのかを確認です。

それではまずはハーフウェイバックから見てみましょう。この時点でフェースが背骨とずれています。つまり、この時点でフェースが開いているということです。
そしてそのままトップを迎えるので、左手首がやや甲側に折れた形になっています。つまりこの地点でフェースの開きを抑えることができれば、目的とするスイングが手に入るというわけです。
それではレッスン後の動画をご覧いただきましょう。

岡崎さんレッスン後


まだまだ課題は多くありますが、1セッションでの変化としてはかなりのものです。

スイングのスタートからすでにフェースオープンの状況になっていたので、できるだけフェースを開かない形を目指しました。インパクト直前のシーンでのフェースの向きはかなり改善されているのが分かります。
実は、このフェースの問題が野球出身者にとても多い問題なのです。

野球のバッティングのトップオブスイングで、ボールを待っているとき、スイングを始動する直前に左の手首は甲側に折れる形が非常にポピュラーです。バッティングが得意な人ほどこういう傾向がありますが、これはスイング中にフェースを開く動作に繋がり、結果スライスで悩んでしまうのです。

岡崎さんの場合、自分の身体をコントロールする術に長けているため、1回のレッスンで動作の改善が見られました。ただし、こうしたコントロールが苦手な人の場合、一つずつしっかりとケアしていかないと改善につながらない場合もあります。
もちろん、適切な指導をさせて頂ければ、必ず改善できます!

岡崎さんはとても器用でしたので、コックの正しい形、インパクト時のポジションを確認すると『難しいー』と言いながらもしっかり改善できてきました。もちろん、継続して練習が必要ですが、その場ではスライスはかなり減りましたよ。

さいごに

今回は野球経験者かつゴルフ経験者の場合のレッスンをご紹介しました。野球経験者によくあるクセの一例でしたが、もちろん全ての人に当てはまるわけではありません。一人一人状況や個性がありますので、そこに合わせた指導が上達のカギです。
しかし、もしあなたが今回の生徒と同じようなクセをお持ちでしたら、きっと改善の手がかりになるのではないかと思います。

今年も残りわずかです。来年も、「分かりやすいレッスン」を第一にお伝えしております。
必ず上達が実感できるレッスンをお約束しておりますので、来年もぜひよろしくお願い致します!!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク